労務ニュース スマイル新聞

2012年6月21日 木曜日

平成24年6月23日第316号

社内メンター制度
 1.メンター制度
  近年、メンター制度をとりいれる企業が増加しています。メンター制度とは、会
 社や配属部署における上司とは別に、指導・相談 役となる先輩社員(メンター)
 が、仕事の経験が足りない新入社員や中途採用者(メンティ)をサポートする制
 度のことをいいます。この制度を導入する目的は様々ですが、多くの会社では
 新入社員の定着化を目的としています。新入社員は壁にぶつかったり、悩みを
 抱え、誰かに相談したいと考えていたりしても、直属の上司にはなかなか相談
 しにくいものです。そこで、本音を真摯に聞いてもらい、アドバイスを得ることが
 できるメンター制度に注目が集まっています。
 2.メンター制度の長所  
  メンター制度を取り入れる長所は次のとおりです。
  1)新入社員等(メンティ)にとって  
   ・会社の風土や独自の制度を学び、早く馴染むことができる。
   ・将来への不安の解決ができる。  ・早期での戦力化が望める。
   ・仕事への取組み方を学び、問題解決能力や仕事に対する意欲・自主性が
    生まれる。
   ・自己洞察力・対人関係能力が高まり、コミュニケーション能力が向上す
    る。  
  2)先輩社員(メンター)にとって
   ・後輩の指導・育成を通し、マネジメント技術が向上する。
   ・人間関係力が強化され、人を育てる意識が向上する。
   ・サポートを通じて、新たな学習の機会ができ、自己成長が望める。
  3)会社にとって  ・新入社員の定着率が向上する。  
   ・先輩社員のノウハウや経験の継承ができる。  
   ・社内コミュニケーションの向上及び人間関係トラブルの回避ができる。  

   三方よしのメンター制度ですが、せっかく制度を取り入れても、形骸化しては
 意味がありません。そのためには、メンターがメンティに対し愛情をもって接する
 ことやメンターとメンティの信頼関係の構築が欠かせません。  人の成長なくし
 て、企業の成長は望めません。ぜひ、御社でも人の成長を加速させるメンター
 制度を取り入れてみませんか。



投稿者 イケダ労務管理事務所

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ

新着情報

一覧を見る

2012/07/02

職場意識改善への取り組み

2010/12/10

ホームページをリニューアル致しました。

イケダ労務管理事務所
〒607-8034
京都府京都市山科区四ノ宮泓2-1

詳しくはこちら

tel

メールでのお問い合わせはこちら

ご質問等お気軽にご相談下さい。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ