労務ニュース スマイル新聞

2005年6月23日 木曜日

平成17年6月23日(第148号) ~高年齢者雇用安定法の改正に向けて~

 高年齢者雇用安定法が改正され、平成18年4月から、事業主は(1)定年年齢の引上げ、(2)継続雇用制度の導入、(3)定年の定めの廃止 のいずれかの措置を講じるよう義務付けられます。                (スマイル新聞第 143号参照)


〈高年齢者雇用安定法の改正にあたって取り組むべきこと〉

上記(1)(3)を選択するとリスクは大きくなるため、一般的には(2)継続雇用制度を選択することをお勧めします。継続雇用制度を導入することで会社は一定の基準に達したスキルを身につけた者だけ継続雇用することが可能になるため、対象者を限定できるようになります。会社側は継続雇用する者を限定するために評価シートを作成し、明確な基準を設け、基準に達した者だけ雇用するという仕組みや体制をつくる必要があります。


〈継続雇用制度を導入するメリット〉

(1)自己の人生設計を考えさせることができる(2)評価制度を理解させることができる(3)社員一人一人が自分の適正を考えることができる(4)優秀な社員の会社への定着率を高めることができる(5)やる気を高めることができる(6)会社に必要な人材を育てることできる


〈継続雇用制度の導入にあたって〉

1.個人別の評価シートをつくり、評価シートをオープンにする

2.上司が評価シートで部下を教育指導する

3.社員が評価シートで自己育成を図る

4.評価が組織的に確定している

5.評価が本人にフィードバックされる

以上のような仕組みをつくり、働く意思がある者がその基準を満たすように上司は指導します。人事制度を導入されている場合は、その制度の見直しにより対応することが可能です。評価シートで明確な基準をつくり、体制を整えることで平成18年4月施行の高年齢者雇用安定法の改正に向けて十分な準備ができます。各事業所で評価シートの導入を検討してみませんか。

人事制度(評価シート)の構築は、社員と会社を成長させる仕組みです。

評価シートの内容、作成方法等、詳細は下記へお問い合わせください。


投稿者 osaka-genova.co.jp

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

新着情報

一覧を見る

2012/07/02

職場意識改善への取り組み

2010/12/10

ホームページをリニューアル致しました。

イケダ労務管理事務所
〒607-8034
京都府京都市山科区四ノ宮泓2-1

詳しくはこちら

tel

メールでのお問い合わせはこちら

ご質問等お気軽にご相談下さい。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ